AKIYACAN

無料相談
受付中

スタッフブログ

スタッフブログ

防災と空き家

皆様こんにちは。岐阜市を拠点に空き家管理サービスを行っている ㈱丸泰 です。

早いもので9月ですね。今年も残り4か月になりました。

コロナ禍というのもあり、あっという間にこの1年が終わっていきますね・・・。

9月1日は防災の日。

「災害は忘れたころにやってくる」のではなく、ここ数年はニュースや”今日は何の日”で「○年前、地震発生」や

「災害から今日で1年・・・」など災害について意識することも多くなりました。

災害時はプレハブ住宅(応急仮設住宅)のほか、空室の集合住宅を借り上げた「みなし仮設住宅」もあります。

みなし仮設住宅には、主に被災地周辺の空き家を借り上げるもので、応急仮設住宅と比較し、建設・撤去等の費用が不要なため、

災害時に重要な役割を果たします。特にペットを連れた方は、避難所や応急仮設住宅での暮らしを遠慮する人もいると思います。

そういう方には、みなし仮設住宅(中でも戸建て)は、とても有難い物件になるかも知れません。

 

どこで災害が起きるか分からない今、被災地の空き家だけでなく、被災を離れて遠くで暮らし始める人もいます。

もちろん自分で暮らす可能性もあります。

空き家であっても、すぐにでも暮らせる状態にしておくことも、防災の視点から大切だと感じています。

空き家への考え方が前向きになると良いなぁと感じます。

 

内閣府 防災情報のぺージ 広報誌「ぼうさい」では、人とペットの災害ガイドライン等いろいろな情報が掲載されています。

http://www.bousai.go.jp/kohou/kouhoubousai/r03/101/index.html

 

日ごろの備え(防災グッズ、家具等の耐震など)も、万全にしていきたいと思います。